作家、演出家、前川知大の鈍ら(ナマクラ)な日々。時々切れ味の良い日も。かなり不定期更新。
日記 | ニュース | 演劇関係 | 宣伝・告知 | 趣味 | 未分類 | 
前川知大仕事状況
sanpobook01.jpg
[小説] 「散歩する侵略者」 メディアファクトリーより発売中 [連載] ■週刊モーニング(不定期連載) 「リヴィングストン」 漫画:片岡人生 原作:前川知大
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
鈍ラ・エクスペリエンス
≪2006.10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2006.12≫
プロフィール

前川知大          (まえかわともひろ)

  • Author:前川知大          (まえかわともひろ)
  • 海の生き物とキノコと豆、乾物が好きです。F1と料理が好きです。UMAや地獄の関係者も好きです。漬物だけは勘弁してください。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
「 2006年11月 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2006.11.30 Thu
ナイスとドラクエ
DQ1.gif

先日、我が劇団の森下氏が出演している東京ナイス「9日目にはもう飽きている」の、ポストパフォーマンストークに参加した。
終演後のトークは2月の演出家コンクールと10月のハイバイに続き今年三回目。
初日に観劇し、自分の読解力の乏しさと作品の難解さにうろたえた。
資料として脚本をいただき早々に自宅へ敗走する。

作演出の岡田氏は、自分の作品は退屈だと言っていたが、根底にある問題意識に共通点があったため興味深く観れた。ただそれを語る言語が当然だが自分とは違うのでいささか当惑してしまった。
自宅にて脚本を読む。沢山の発見があった。
物語は、日常的な風景という体裁をとっているが、その下には意外な構造が隠されていた。
膨大な設定とサブテキストに支えられた退屈さ、は、思いつきで書かれた「あるある」系の共感しか呼ばない小劇場でよくある退屈な日常芝居とは大きく違う豊穣さを持っている。
暗示的なシーンに散りばめられた抽象的な言葉たちは、観客個人の経験に基づき還元される。
ただ岡田氏が「同時代の人には共通言語と思っていたものが必ずしもそうではなかった」と言うように、一般性は低く、エンターテイメントとしては成立しにくい作風であるのは否めない。

トークの最後でドラクエ?の話になったのだが、中途半端になったのでここでまとめる。余計なお世話かと思うが。
劇中でドラクエ?をプレイしながら主人公は言う。
「寂しくなったり、不安になったりする?」
ドラクエは?以降パーティになるのでたった一人で荒野に投げ出されるのはこの?だけ。
「この一人ってところがキモだ。」と岡田氏。
竜王(ラスボス)から世界を救うため頑張ってるのに、宿屋や武器屋はしっかり金を取るし、住人は何かと交換条件を出し勇者に非協力的、と劇中の勇者はぼやく。
確かにそうだ。ドラクエ?の世界の住人は竜王にさほど困る様子も無く平凡に生活している。それは世界を変えることができないという諦念だろうか。打倒竜王に燃えているのは勇者だけで、カニ歩きしながらふと我に返ると、自分はドン・キホーテじゃあるまいかと思う。
ドラクエは神話でよくあるイニシエーション(通過儀礼)の物語だ。
血縁の正統性を持つ主人公が王(父)の指示通り竜王を倒し、社会的承認を得る。そして姫を妻にとる。この構造の中では、竜王を倒すことは勇者の個人的な問題に過ぎないのかもしれない。
勝手に世界を背負って孤独になる思春期特有のあの気分だ。

ドラクエ?の面白いところは、レベルの上がり方と物語の進み方が実年齢に近いところだ。
竜王を倒しえる力を持つのはレベル19~21。二十歳前後で大人になれよってことか。
囚われのローラ姫を助け出す力を持つのはレベル15前後。この頃には童貞を捨てろということか。しかしこの手の物語の多くがボスを倒して姫を救うのに対し、ドラクエ?は姫の救出とボス打倒は別イベントとなっている。実際ローラ姫を救出しなくても物語を終わらせることができる。思春期の大問題である「モテ」という要素を括弧に入れたのは堀井雄二(シナリオ)の優しさか、それともリアリズムか。
いつ竜王を倒してゲームを終わらせるかは自由だが、レベルは30までしか上がらず、それ以降はいくら雑魚を虐殺しても成長はしない。モラトリアムは30までということである。
まぁ僕らにとって問題なのは、竜王がどこにいるのか分からず、ローラ姫という幻想に踊らされているこの日常ってことだ。



スポンサーサイト

演劇関係    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2006.11.18 Sat
リンゴの思うつぼ
apple.jpg

私は、リンゴの蜜がどれほどのものか、と思っている節がある。
赤いリンゴを開く度、蜜の入り具合に驚喜するなんて。どうでもいい!
実際蜜が入っていた方が美味しいのは知っているのだが、なぜかそれは取るに足らないことだという思いがあるのは、子供時代の記憶が関係している。

子供は好物以外はそれが何であるか、特に認識して食べてはいない場合が多い。
以前友人にカブの料理を出したら、「コレは何か?」と聞かれカブと答えると、初めて食べたと言う。いくらなんでもそれは無いだろうと思ったが、カブというインパクトに欠ける食材は彼の記憶に残らなかったのだろう。
母親の出す食事にいちいちコメントを付けるほど子供はグルメじゃないし、そんな気遣いは家庭の食卓には必要ない。
食卓に上がったカブに興味が沸かなかったなら、それは名前も無い「野菜」として舌も意識もスルーしていくしかない。
食事を作った私に対する気遣いから、彼にとって興味の無いその野菜に言及してみただけで、結果それは彼にとってカブとの始めての出会いになったわけである。彼は初めてカブをカブとして食べたのである。
大人になっても特に食に興味の無い人は、自分が今何を食べているかに関心を示さない人は私の周りにもいる。それを悪いことだと言うつもりはないし、本人も食事はただの燃料補給に過ぎないと公言されると、それはそれで気持ちがいい。ヘタにグルメを気取られるよりよっぽどマシだ。

リンゴに話を戻すと、私がリンゴの蜜を意識したのは小学生の時と思われる。
私の母は食後に必ず果物を出す主義で、それは彼女の健康思想に基づいていた。「朝の果物は金」という言葉が好きらしく、呪文のように連呼していたのを覚えている。

ある日母は居間に、皿の上にリンゴとナイフを乗せて現れた。
私は興味なさげにテレビを見ていると、背後で母が驚喜の声をあげる。傍らにいた祖母も「こりゃ見事だ」などと言っている。
私も気になり会話に参加すると、彼女らはリンゴの蜜の多さに感動しているらしかった。

「蜜とは何か?」と聞くと、それが種の周りに走るレモン色の透明なすじであることを教えてくれた。
確かにきれいだ。いかにも蜜らしい色をしている。私はそのリンゴに淡い期待を抱いた。

このリンゴは私に本当のリンゴの美味しさを教えてくれるのではないか。
母たちの喜びようは、それを保証してくれるように思えたし、そのリンゴが「レア」であることを指し示していた。
すっかり母たちのテンションに巻き込まれた私は、必要以上に期待を膨らまし、リンゴをほお張った。
しかしそのリンゴは特に変わったところはなく、普段通りのリンゴでしかなかった。蜜はどこに行った?
軽い落胆が私を襲った。母たちは美味しい美味しいと舌鼓を打つ。私は「蜜」は単なるビジュアルインパクトに過ぎず、彼女らは騙されていると感じた。目に見える「蜜」は、必ずしもそのリンゴを美味しさを約束するものじゃないと思った。
私は「蜜入=美味しい」という考えに支配され、そのリンゴを過大評価する彼女らを激しく叱責しその場を後にした。「いとも簡単に騙されやがって!リンゴの思うつぼじゃないか!」

今思うと、私はそれまで何回もリンゴを食べてきたはずである。
しかしリンゴは特にひいきにしている果物ではなく、漫然と食べ続けてきただけで、その時までに食べてきたリンゴにも蜜は入っていただろう。ひょっとしたら私は、既にかなりレベルの高いリンゴを食べてきたのかも知れない。そのくせリンゴへの評価が低いのは、単に私はリンゴがそれ程好きではないということなのかも知れない。
とにかく、私が「蜜」を意識し、「蜜」と初めて出会ったのはその時ということになり、今までも食べていたと思われる「蜜」に必要以上に大きな期待を抱いたのは、「蜜」にとっては分の悪い勝負だったに違いない。

今では蜜の入ったリンゴは、そうではないリンゴよりも美味しいと思う。
でも必要以上に蜜に反応する人を見ると、なぜか萎える。
それは私が始めて蜜と出会った時の印象が、感情的に残っているからだろう。


日記    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2006.11.16 Thu
歌舞伎座
kabukiza.jpg

歌舞伎を観に行って来た。演目は「伽羅先代萩」
午前11時開演で16時過ぎに終演。休憩にお弁当食べたりで、なんかピクニック気分。寝てる老人もちらほら。なるほど、こうやって楽しむんだな。
いちおう演出家って肩書きもあるし、こういう機会(チケットいただきもの\15000、たけぇ)に勉強しなきゃなぁと思って観始めたけど、どうしても・・・ドリフを想像してしまう。失格か俺、と思ったけど楽しみ方としてはそれでいいんだと思う。イヤホンガイドで解説を聞きながら観てると次第に引き込まれ、結果大満足だった。



未分類    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2006.11.15 Wed
死んでるなぁ
いじめ関連の最近の面白いニュース。
「インターネットやゲームを長時間する子供はいじめに関わることが多い、ということが分かった。」
って、じゃあ外で遊ぼうとか言って学校はいじめ対策とするのでしょうか。適当な理由見つけて安心したいだけだろって感じだし、矛先が変なとこ行っちゃうって。あと、
「多くの子供が加害者、被害者の両方を経験しており、立場が頻繁に入れ替わることが分かった。」
とかって、誰でも分かってることでしょ。小中時代のシカトってほとんど持ちまわりだし、グループに忠誠を誓えっていう小さなコミュニティには絶対必要(悪)な儀式だから無くなるはずないし。ていうかお前らだってやってんだろPTAetc。
もう原因とかいいから早いとこ逃げ道を沢山用意してあげてくれ。

某知事の殴り返せばいい的な意見は結構笑えた。そんな元気な奴少ないし、最後の攻撃が予告・自殺・遺書コンボになっちゃってる。結構きいてるみたいだけど。親も自分の責任考えた方がいいってのは賛成。
TVニュースがワイドショー化して久しいけど、いじめとかいいネタだし絶対面白がってるよね。コメントも寒々しいし。
なんかすげぇ面倒くせぇ。

ニュース    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2006.11.07 Tue
狂人日記
kyojin.jpg


「・・・どうしたの?」
買ってきたばかりの古書を見て、同居人が怪訝な顔で言う。
テーブルの上には「狂人日記」というタイトルの文庫本が二冊。
魯迅とゴーゴリね。
確かに二冊並べると大丈夫かって思うだろうな。
なんとなく読み比べてみたくなって買ってみた。

でも両方とも原題は微妙に違うらしいね、邦題だと同じってだけで。
なんだ、と思ったけど読んでみたら内容はやはり良く似ていた。
19世紀のロシア、20世紀初頭の中国と、当時の社会制度への批判や皮肉となっているわけだけど、ただの狂人の手記として充分に面白いし、現代への皮肉としてもまだまだ力を持っている。肥大した自意識は別に現代に特徴的なものじゃない。オレも自意識過剰には自信がるので全く身につまされる話でもある。くそ。
ルサンチマンや被害妄想みたいなものを抱えた主人公が徐々に、というかサクサクと常軌を逸して幻覚や妄想に翻ろうされながら、アメリカンニューシネマ的ラストをむかえる。
わけだけど、その妄想っぷりがかなり笑える、特にゴーゴリのは爆笑もんだ。
ちょっと古臭い訳がまたいいギャップになって笑いをさそう。
後半になるにつれ日記の日付がおかしくなり、「三十月八十六日」とか「日も思い出せない。月もやっぱり無い。」とかは妙な不安感をさそい、怖くもある。
魯迅バージョンは冒頭で既に主人公が狂気から回復していることが分かるせいもあって、それほど暴走しない。その分行間からにじみ出るのは魯迅の理性的な葛藤や怒りのような気がした。

それぞれ短編なので一時間で二編読めます。

日記    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

2006.11.06 Mon
ビバンダム
bib.jpg


部屋掃除してたら出てきた。ビバンダムトロフィー。
今年、なぜかミシュランマンと名前が変わってしまった。
ビバンダムの方が絶対いいぞ。ビブ。
かなり昔にゴミだめの中から発見した代物だけど、
オークションでかなりの値がついてて驚いた。

ビブの体を構成するモコモコはもちろんタイヤ。
パンクした車に、自分の体から一本提供する様が描かれた古いイラストがあって、それを見た時はちょっとうろたえた。
腹部から内臓を引き出すように、ズルリとタイヤを抜き取る様は結構エグい。
あんぱんマンが自分の頭部をかじらせるのを見た時と同じくらい動揺した。
かっぷくの良い体格は様々なサイズのタイヤに対応するためか。
とりあえず我が家の本尊に昇格。脇侍はマシュマロマン。

趣味    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2006.11.05 Sun
ミクシやめた
先月末にmixiを退会した。
マイミクもほとんどリアルで会う友達だったので特に連絡もせずに抜けたんだけど、
何人から「何かあった?」と聞かれた。何人か被害にあった女の子を知ってるけど、
同じような被害にあったのかと思われたんだろう。
特に何も無かったけど、SNSの有効性を上手く使えてなかったし、最初から抵抗があったのは事実。
それにSNSっていうレベルじゃない会員数だし、書き込みとか意識の低い人が多くてちょっとがっかりしてたってのもある。
もともとイキウメのコミュがあるって聞いて始めたんだけど、それが見れないのは残念だな。
当時mixiの株価を下げた事件とは全く関係ありません。

新しい手ぬぐいゲット。

hello.jpg


なんとハロプロ手ぬぐい。
実はこれ、今公演中で、僕が脚本書いた「ゲキハロ」の手ぬぐい。
手ぬぐい愛用者としてはありがたいグッズ作ってくれました。
http://www.gekidan-online.com/news/16.php

日記    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。