作家、演出家、前川知大の鈍ら(ナマクラ)な日々。時々切れ味の良い日も。かなり不定期更新。
日記 | ニュース | 演劇関係 | 宣伝・告知 | 趣味 | 未分類 | 
前川知大仕事状況
sanpobook01.jpg
[小説] 「散歩する侵略者」 メディアファクトリーより発売中 [連載] ■週刊モーニング(不定期連載) 「リヴィングストン」 漫画:片岡人生 原作:前川知大
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
鈍ラ・エクスペリエンス
≪2007.11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2008.01≫
プロフィール

前川知大          (まえかわともひろ)

  • Author:前川知大          (まえかわともひろ)
  • 海の生き物とキノコと豆、乾物が好きです。F1と料理が好きです。UMAや地獄の関係者も好きです。漬物だけは勘弁してください。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
「 2007年12月 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2007.12.17 Mon
新しいケータイの便利機能と今後の展望
suikaka.jpg

ちょっとした事情で、ケータイをsoftbankからdocomoに変え、機種も新しくなった。
以前からモバイルSuicaや電子マネーは使いたかったので、さっそく契約、設定する。
電子マネーでは、カードについたEdyを持っていたのだが、
結局財布を出すので現金を使ってしまい、自分には定着しなかった。
半年くらい前、初めてSuicaを持ち、改札越えの快適さに私はほんの少し電車が好きになった。
そんな経緯のある私にとって、Suicaと電子マネーをケータイでまかなえるのは
かなり魅力的なサービスに思えた。ケータイならいつも取り出しやすいポケットに入れているので、
ちょっとした外出なら鞄の奥深くから財布を引っ張り出す必要はなくなる。

契約して三日、自宅で日すがら机に向かっている私にとって、
残念なことにその機能を使う機会が無い。
使いたい。とても使いたい。
あまりに強いその欲求にそわそわして集中力を失った私は、
あてもなくお出かけすることにした。
自転車で10分かからない新宿まで、あえて電車で行くぜ。
しかも大江戸線でまず飯田橋まで離れ、JRに乗り換え新宿まで行く。
30分弱かかるが、いかなる改札も私を止めることが出来ないことを証明するためには
これくらい食らわせる必要がある。
なんなら実家の新潟までケータイ一つで帰ってやろうかとも思ったが、
今回は勘弁してやろう。

マフラーを巻き、鞄を肩にかけたところで私はふと思った。
ここで財布を持っていくのは、いかがなものだろうか。
強気なもう一人の私がささやく。
「ヒヨってんじゃねーよ。現金いらねぇべ(ヤンキー風)」
もしケータイがうまく機能しなかった場合のために、
現金を持っていくのだとしたら、お前はとんでもない腰抜けだ。
と彼は言う。
確かにそうだ。やるならば退路は絶つべきだろう。背水の陣である。
身軽に、手ぶらになってこその便利機能であるはずだ。
これは私を解放するツールであるはずなのだ。
どうせならビキニパンツ一丁でケータイを首にぶら下げ出かけるべきである。
しかし季節が季節なので今回は勘弁してもらおう。
何らかの設定ミスにより、改札が開かなかったケースを考慮し、
壁の前でイメージトレーニングを繰り返す。
動揺してはいけない。ごく自然に、チャージが足りなかったのかな、という態度を取るのだ。
「いつものことさ」
そうアメリカ人のように肩をすくめてみせようじゃないか。
「大丈夫、アムロならできるわ」
とセーラさんの声が聞こえたので、私はケータイを握りしめて部屋を出た。

昼下がりの大江戸線改札は、意外なほど混んでいた。
こんなところに小さな背水の陣を敷いた男がいるとは誰も気付くまい。
いや、気付かれても困る。
もし改札が開かなかったら、私はそそくさと家に帰るしかない。
暗い部屋の中、呪いの言葉を吐きつつケータイを万力でぺしゃんこにし、
私も便器に顔を突っ込み大レバーを引きまくることになるだろう。
くそったれが。
タイミングよく女子中学生の大群が来たので、私はその流れに紛れ込んだ。
その流れは否応なしに私を改札まで運んでくれるだろう。
それでいい、敵前逃亡は銃殺である。
私の息が荒いのは、キミ達に興奮しているわけではないことを分かってほしい。
ケータイの表裏を確認し、改札の読み取り部と平行になるようポジショニングする。
コンベアが運ぶ工業製品のように女子中学生は改札を通り過ぎて行き、ついに私の番が来た。
ピッ!という音とともに、私は流れを止めることなく改札を通過した。
「yes!」
しまった、思わずアメリカ人みたいな声が出ちまったじゃないか。
目の前の女子中学生が振り返り私を見る。
たぶん私はその時、ひとり笑っていたと思う。
ちがう、ちがうんだ。そんな目で大人を見るんじゃない。

電車のシートに座った私は、さっそくケータイを開きチャージを確認する。
しかしまだ下りていないのだから残額が減っているはずはない。
焦りすぎだ。嬉しがり屋にもほどがある。落ち着け私。
それからというもの、私を止めるものは何もなかった。
常勝である。常勝軍団である。(私はもはや独りではないのだ)
改札などという単語は、私の辞書にはもう載っていない。
新宿に降り立った私は、勝利の雄叫びを上げたいところだったが、
やめておいた。それくらいの常識はある。

駅構内を歩いていると、Suicaのマークを掲げたハンバーガー屋が目に入った。
やってやる。
特に腹は減ってないが、やってやる。
カードSuicaの時は電子マネーとして使う気はしなかったが、今は違う。
チャージは無限なのだ。
(と言っても後で請求に怯えるかもしれないが。まぁ所詮はハンバーガーである)
BLTサンドとコーヒーを注文する。
しかしここで、私はダセェことをやってしまった。
イメージトレーニング不足だった。
サラリとケータイをかざせばよかったのに、
私はあるはずのない財布を探す仕草をしてしまったのだ。
その上、「あ、これでいいや」的なことをボソリと言い、ケータイを出したのだ。
誰に対して言ってやがんだそのセリフ!死ねオレ。
ケータイで会計を済ますことに若干の照れがあった。
認めよう。慣れてねえ。
自動改札と人間の店員は違う。
私のクソのような自意識が、私の身体に不必要な演技を生み出した。
「現金?なにそれ」と、生まれた時から全ての会計をケータイで済ませてきたかのように、
そんなふうにスマートに会計をしたかったのに。
「Fuck」
カウンターで店員からコーヒーを受け取りながらつぶやいた。
ちがう、キミに言ってるわけじゃない。

テーブルの上で、コーヒーカップと並んだ相棒のケータイは
「がっかりだよ」と肩を落とした。
信用してないわけじゃないし、決して「これでいいや」的なサブのポジションのつもりはない。
今日の主役はお前だった。
私は紙ナプキンの上に彼を座らせ、謝罪した。
「悪かった。実際アイツ(財布)にはウンザリなんだ。これからはお前でいこうと思ってる」
返事をするかのように液晶ディスプレイの中で、デジタル時計が16:00ピッタリに変わる。
その時BLTサンドを持った店員が「失礼しまーす」と卓上のケータイをグイとどけた。
「さわんじゃねえ!」
と怒鳴ろうとしたが、やめておいた。それくらいの常識はある。
出来立てのBLTサンドのパンはガリガリで、私の口内の粘膜をズタズタにした。
敗北だ。

結局私は新宿の街に出ることはなく、そのまま電車に乗って家に戻った。
まだ街に出るのは早かった。イメージトレーニングのやり直しだ。
まずは会計時の動きをスムースにするために、素振りをやろうと思う。




スポンサーサイト

日記    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

2007.12.12 Wed
帰還した
チーム申「抜け穴の会議室」
京都公演も無事終了し、全日程を終えました。
ご来場の皆様ありがとうございました。

年明けの舞台脚本を抱えているので、観光をしている場合ではないと
京都ではホテルや楽屋に引き篭もっていたわけだが、
ちょっと日用品を買いに出かけたついでに寺回りができるのは素晴らしい。
洛中は自転車で回るにはちょうどいい広さだし、道が幅広で走りやすい。
そのうえ主要道路が格子状なので、方向音痴の私にはなんともありがたいのだ。
借り物の自転車で紅葉の残る京都を走り、近場の寺で仏像を見て回った。
むかし仏像仲間とレンタカーで京都まで来ていた頃を懐かしく思い出した。

学生の頃はそのT井氏という仏像仲間と一緒に、ひっそりと御開帳している
秘仏を見に西へ東へ走ったものである。
その頃は金は無いが暇はあったので、いずれ秘仏図鑑でも作ろうと話していた。
そうこうしている内に暇な時間は無くなってしまったが、かといって未だに金も無いのが人生の不思議である。

東寺で大日如来を中心にした立体曼荼羅の仏像群に惚れ惚れしていると、
修学旅行のハイテンション中学生がなだれ込んできた。
「おおぉ、すげぇ、アシュラマンだよ」
などと声をあげる。
ふんっ、腕が6本ある仏が皆アシュラと思っているとは浅はかな奴、
と大人げない悪態を心の中でつぶやきつつ、
今の中学生はキン肉マンを読んでいるのだろうかと不思議に思う。
講堂を出ると、秋の澄んだ空からパラパラと水滴が降ってくる。天気雨だった。

慌ただしい滞在ではあったが、ほんの少し京都を楽しめたのは良かった。
福岡、大分、京都と約二週間、荷物になるのでお土産は買わなかったが、
4キロの贅肉という土産をみごとに持ち帰っていた。
体重計の震える針を見下ろしつつ、今年の忘年会は控えめにしようと思った。




日記    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2007.12.05 Wed
食材パトロール
仕事などで旅行した時の密かな楽しみは、その土地の食材チェックである。
観光する時間はなくても、ちょっとした隙にブラブラと見て回れる。
特産物はそりゃ楽しいが、全国どこにでもある食材の、
産地や値段をチェックするのもまた楽しい。
この量、このクオリティでこの値段!とひとり興奮して楽しむのである。
主婦、主夫?の楽しみである。
昔、母親が近所のスーパーから二時間も戻らないことが信じがたかったが、
今なら分かるのだ。
お買い得の食材を厳選し、頭の中でレシピを構築していくのは
意外なほど知的な作業だ。
めくるめく可能性に溺れ、脳内満漢全席を平らげた後に、
最終的にチョイスした食材があまりに経済的制約を受けていた時は
正直凹む時もある。
地方の場合は土地の食材と旬の魚も分かるので、
その後飲み屋に行った場合も何かと都合が良かったりもする。

福岡に着き、空いた時間を見つけた私は、
真っ先にスーパーを探したが、劇場が繁華街の中心なので
さすがにスーパーはなく、デパ地下の生鮮食品売り場をハシゴした。
サンプルは少ないが、店で食べた料理も含め、九州は美味く、そしてリーズナブルだ。
野菜も魚も土地のものが多く、価格も安い。
博多が気に入って住み着いたというタクシー運ちゃんの言葉も納得である。

どのスーパーでも一番楽しいのは鮮魚コーナーである。
魚介類は美しいもの、奇妙な形、グロい質感と様々な表情があり楽しい。
生きているか死んでいるかの違いだけで、水族館と同じ楽しみである。
今回最も目を見張ったのは、アラ(クエ)が一本丸で置いてあったことだ。
もともと人相の悪い魚だが、深海魚ゆえ目は飛び出し表面はヌルついて光っている。
それに一メートルの巨体。うーん、見事。見ていて飽きない。
アラは滅多にあがらない魚で、料亭などに流れることが多くスーパーにはほとんど並ばない。
九州では普通に売っているのだろうか。
それにしてもこんなもの誰が買うのだろう。35キロで26万円という値札がついている。
あんまり私が凝視しているものだから、魚屋のおじさんが得意げに「いいだろう」と言った。
私は「確かにいい」と偉そうな口をきき、その場を去った。
もっと見ていたかったが買わされてはたまらない。

「おきゅうと」という食品が並んでいたが、初めて聞く名前だった。
見た目は地元新潟で食べる「エゴ」によく似ている。
エゴは海草を煮出して寒天のように固めたもので、芥子味噌などで食べる。
エゴはヨウカン状だがおきゅうとはスティック状だ。
聞いてみたらやはりエゴと同じで、おきゅうとは福岡が発祥らしい。
「お救人」と仰仰しい字を当てることもあるようで、
むかし飢饉の時などに活躍したのかもしれない。

翌日、福岡公演の打ち上げで入った店で、
店員がオススメを読み上げた。
「いいアラが一本入りましてね」
まさかアイツということは無いだろうが、
やはり美味しいアラは九州でしか食べられないのである。


・・・・
kara.jpg

写真は「からつバーガー」の移動店舗。
佐賀県唐津市発祥のハンバーガー屋さん。
ローソンが共同開発のものを出してたが、
大分駅前で偶然本物を食べることができた。
どれとも似てないバーガーで、美味い。


日記    Comment(5)   TrackBack(0)   Top↑

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。