作家、演出家、前川知大の鈍ら(ナマクラ)な日々。時々切れ味の良い日も。かなり不定期更新。
日記 | ニュース | 演劇関係 | 宣伝・告知 | 趣味 | 未分類 | 
前川知大仕事状況
sanpobook01.jpg
[小説] 「散歩する侵略者」 メディアファクトリーより発売中 [連載] ■週刊モーニング(不定期連載) 「リヴィングストン」 漫画:片岡人生 原作:前川知大
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
鈍ラ・エクスペリエンス
≪2010.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2010.07≫
プロフィール

前川知大          (まえかわともひろ)

  • Author:前川知大          (まえかわともひろ)
  • 海の生き物とキノコと豆、乾物が好きです。F1と料理が好きです。UMAや地獄の関係者も好きです。漬物だけは勘弁してください。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
「 2010年06月 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.06.17 Thu
ぶらり演劇をみる。
近所に小さな劇場があって、時々演劇にも使われている。
駅に行く時など前を通るので、立ち止まって張ってあるチラシを見たりする。ワイワイと大道具を搬入してるのを見たりすると、同業者ゆえ親近感がわく。
が、一年以上住んでいるのに一度も入ったことがない。
先日前を通ると、劇場前に並ぶお客さんに混じって、派手な舞台衣装を着た役者たちがうろついていた。祭の雰囲気が漂っている。面白そうだ。
どんな芝居をするんだろう。
チラシでも貰えばいいのだが、なんか忙しそうだし、声をかける勇気がない。
家に帰って早速ググる。と、なかなか面白そう。
観たい。開演まであと20分、徒歩5分なので余裕だ。
チケットはいくらかな、おお、2千円しない。良心的。
しかし財布を見ると、なんと28円しかない。2ケタとは驚いた。お札コーナーに見えた札らしきものは佐世保バーガーの偽札みたいな割引券だった。
うーむ。
私は現金をもっていないことがよくある。駅周りやコンビニは大体suicaやiDといった電子マネーで済ますことが出来るし、他やスーパーでもカードが使える。言っておくが金がないわけじゃない、私は電子マネーが大好きなのだ。本当だ。
とはいえ、劇場受付で「お財布ケータイ使えます?」なんて言ったらナメてるとしか思われない。銀行のカードは運悪く家人が持ち歩いていたので、金は下ろせない。家にある現金を探すしかあるまい。
私は家人に電話した。

「家に現金はあるか? 隠し場所を言え」
「現金は無い」
「一円もか?」
「無いと言っている」
「そんなはずはないだろう」
「無いものは無い」

ウチは貧乏なのか? 分からない。知りたくない。

「どうしても必要なら、ドラえもんのケツをえぐれ」
と言って家人は電話を切った。

ドラえもんとは、昔から我が家にいるドラえもんの貯金箱である。
彼は尻の辺りがゴムキャップで塞がれている。キャップで塞がれた穴は500円玉がやっと通るくらいの楕円形で、はっきり言って中の硬貨が出にくい。
貯金箱を降っても、まとまった硬貨が詰まって出てこないことがほとんどだ。そういう時は指で穴を突付いて、塊を崩してあげるのだ。パラパラと幾つか出てくるも、すぐにまた詰まってしまう。また指で突付く。その繰り返しで、硬貨を少しずつ出していく。
その作業はどう見てもドラえもんの肛門を指でオラオラと突付いているようにしか見えず、なんとも言えない気分になる。
我が家ではその貯金箱がちゃんと機能していて、割とよく金が入っている。困った時はそこから小銭を出して使うのだが、「ドラえもんのケツをえぐる」というのはその行為の隠語である。隠語というか、見たまんまだが。

よしと、いつもの様にオラオラオラオラ!っとえぐる。
ドラえもんの内臓は千円以上あった、が、まだ足りん。チケット代には届かない。くそっ。私は自由に演劇も観れんのか、演劇人なのに! 
金、金だ、金はどこだ!
ああ、開演時間が迫る。開演時間に遅れて劇場に入るなんて同業者としてあるまじき行為。そんな失礼はできん。金はないのか? 家中の引き出しを開ける。
あった! でもこれ、いくらあるんだ?
引き出しの奥に見つけたのは、棒金だった。棒金とは硬貨が50枚包装されたもの。レジによく入ってるヤツだ。そういえば以前の公演時、受付の人に頼まれて両替したんだった。それが使わずに残っていた。10円玉だから、1本500円か、2本あるから千円、よし、これで観れる。
10円、50円、100円と、硬貨だけで二千円ほど集まったが、財布に入らない。そして重い。何よりこれで払ったらちょっと引かれるよな。
いや、受付ではむしろ小銭の方がありがたいはず。「こまかいのありますか?」なんてよく言ってるじゃないか。いや、こまかすぎる。それになけなしの金集めて来ました、ていう風情がきつい。事実そうなのだが、いやだ。

コンビニに行った。「崩してもらえますか」と万札出すと嫌がられるけど、逆のパターンならいいんじゃないかと思った。
バラの小銭は無理だが、棒金2本は千円にしてもらえるはず。
律儀に水を一本買い、ついでに両替をお願いする。
「これを千円にしてもらえますか?」と棒金を2本出した。店員は予想外という表情だったが、快く両替してくれた。
あとは小銭だらけだけど、我慢しよう。これで何とかお芝居が観れる。
私は金を握りしめ、走って劇場へ向かった、「くださーい!」

→満席。チケット売り切れ。

ドラえもんのケツえぐってまで来たのに。
いや、自分の都合を押し付けてはいけない。客が入ってるのは良いことじゃないか。
キャンセル待ちの引換券を貰い、開演まで大人しく外で待つ。

幸い入場することができた。
役者たちは皆20代前半で、大学生も混じっているようだ。芝居はとにかくすさまじい熱気で、圧倒された。
どんな表現でも、完全にインディペンデントでやっていた頃と、社会に流通してくる段階では、やり方が違ってくる。洗練された分パワーが無くなった、なんてよく聞く言葉だ。自分たちの表現をどう社会に適応させていくか、位置付けていくか、そこでの選択で方向性は変わってくるだろう。何が正しいということはないが、時代によって幸不幸はある。
ここで観た芝居は、様々な衝動の発露で、全てのゲージがMAXであった。はっきり言ってカオスだったが、そこが面白かった。この世代が作る演劇を観たのは久々で、なかなか刺激的だった。
この劇団これからどうなっていくんだろうなー、
そんなことを思いつつ、庭の雑草をむしっている私は今月で36歳になった。ていうか俺も台本書かなきゃ、同じ同じ。

ぶらりと劇場に入ってみる、という文化は残念ながら育ってないが、勇気を出してやってみると面白いこともある。








スポンサーサイト

日記    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2010.06.11 Fri
のりもの塾「ライト・フォーミュラ入門塾」レポート
「のりもの塾」の「ライト・フォーミュラ入門塾」というのに参加してきた。
F1みたいなマシン(オープンホイールでシングルシーター)のことをフォーミュラと言って、今回のライト・フォーミュラというのはファーミュラの一番小さい孫みたいなものなのだ。
それを一日かけて運転しようという企画。
F1大好きな私にはたまらない企画だ。前日は劇団のミーティングだったので、劇団員たちにその喜びを話してみたが、全く理解を示さなかった。車やモータースポーツに興味がないらしい。かわいそうな連中だ。
遠足前日の小学生並に興奮していた私は、睡眠薬代わりに日本酒をボディに注ぎ込み、床に就いた。


翌日。
朝9時に静岡は富士山の麓にある富士スピードウェイに集合せよ。
6時に自宅を出て電車で神奈川へ、そこで友人Mの車に拾ってもらい東名高速で御殿場まで。車の中には私を含め5名の参加者。
天気予報は曇/雨。「初走行がウェットか」と不安に思っていたが、雲の裂け目に青空も見える。携帯で最新予報を確認すると雨マークが消えて曇になっていた、「やった」。しかし油断は禁物、富士山は天候が変わりやすくて有名だ。過去、富士SWでのレースを何度も大混乱に陥れている。
「天気予報に意味はない」と助手席の友人Kがマスクの中でつぶやいた。「何故マスクをしている?」と私が聞くと、「やや風邪気味だ」と言う。こんな大切な日にコンディションを整えられないとは愚かな奴、と私は友人Kをなじった。
高速道路を順調に飛ばしていると、富士山が見えてきた。雪と山肌の、白と青のコントラストが美しい。こんな色もあるのかと目を見張る。富士山がはっきり見えるほど晴れてはいたが、山の麓には濃い霧が生クリームのように盛り付けられていた。「あの霧がやっかいなのだ」と友人Kがまたつぶやいた。

到着。ゲート前の駐車場に入ると、我らを待ち構えている人がいた。
その姿を見て車内がざわつく、「ちょっと待て、アレおぐたんじゃないか」
フジテレビCSでF1解説もしているモータースポーツジャーナリストの小倉茂徳さんだ。小倉さんは「のりもの塾」をサポートしているのだ。
「おはようございます!小倉さん!」と元気に挨拶。面と向かって「おぐたん」とは呼べない。
小倉さんから直々にゲートのパスを受け取り、でかでかと富士SWと書かれたゲートをくぐる。来ちまったぜ。思わずニヤついてしまう口元を引き締める。

富士SWに入ったが、我々のようなトーシロがいきなりサーキットを走れるほど甘くない。会場はP2特設会場だ。
しかし駐車場とはいえ、広い。サッカーコート数面はあるだろう。
会場の隅に車を停める。車外に出ると山の空気が気持ち良い。雨は降りそうで降らない。このままもってくれ。広大なアスファルトの向こうに広がるパノラマを満喫し、視線を左に流していくと、架設テントの影に白い何かが見えた。その側ではツナギを着たエンジニアの人が作業しているように見える。
「おいおいおい、マシンだ。マシン出てるよ」 テンションが一気にレッドゾーンに入った私と友人K、思わず早走り。早走りというあたりに微妙な理性が垣間見れるが、顔はだらしないほどニヤついていた。
マシンが見えた。ギャー、格好いい! 「やべぇ、やべぇ」と初めてエロ本を見た小学生のように興奮する私と友人K、友人M。
おっと、いかんいかん。
「おはようございます! よろしくお願いしまーす!」と、主催する「レーシングガレージENOMOTO」の皆さんに挨拶する。大事なことです。
これが↓ライト・フォーミュラのマシンだ!
morimono001


代表の榎本さんと小倉さんから、今日の進行とマシンの説明を受ける。まずは座学からスタート。
が、その時、雨が! なんてこった。
そこで榎本さん、
「座学はあとで詳しくするから、雨がひどくなる前にとりあえず乗ってみよう。乗ってみた方が早い」
え、いきなり?
簡単な操作説明を受け、いきなり運転することに。
動揺する私に友人Kは言った。
「やるしかないんだ。アムロだって、初めてガンダムに乗った時はそうだっただろ?」 

ライト・フォーミュラのマシンはガンダムのようにちゃんと3台あった。車体ナンバー1、2、3。プロトタイプとアムロ機、G-3というわけか。
降りだした雨がアスファルトの色をあっという間に変えていく。
「・・・やってやる」
私はヘルメットを被り、グローブを装着し、No.1のマシンに乗り込んだ。
「雨の方が楽しいんだぜ。つるつる滑ってよ」 と年配のエンジニアの方が笑う。くっそー、そのコメントも渋いぜ。
本格的なレーシング仕様の6点式シートベルトで、硬いシートにガッチリと体を固定される。乗り込んでからステアリングをはめるのもF1みたいでたまらない。
アクセル、ブレーキ、クラッチを足で確認し、シフトレバーの感触をみる。コクピットのメーター、スイッチ類の説明を受け、エンジンをかける。
ガボンッ!ガボボボボ・・・。
・・・すげぇいい音。
感動してぼーっとしていると、榎本さんたちが「行け、行け」とゴーサインを出している。
ギアを入れ、慎重にクラッチをつなぐ。
「いきまーす!」
ガクン、という動力の繋がった震動を受け、パノラマが回りだす。私は走りだした。
巨大な駐車場にパイロン(コーン)で作ったオーバル(楕円)コースだ。
2速、3速とギアを上げ、コーナーを回る。シートに固定された体が前後左右に揺れようとする。市販車と違い、アクセルもハンドルもほぼ遊びがなく、操作した分だけダイレクトに体に返ってくるのだ。とにかくG(≒加速による重力)が気持ちいい。自分が操作している、という実感がある。マシンと会話しているようだ。
4周、5周すると感覚がつかめてくる。オーバルなので3or4速のまま回ることができる。少しスピードを増すと、コーナーで受けるGがぐっと増した。左回りなので右側に飛ばされそうな力がかかる。普通の車なら横転する速度でも、車高の低いレーシングカーは地面にべったりと張り付いて走ることが出来る。そして体には普通の車では味わえないGがかかるのだ。
コーナーを抜けるとアクセルを踏みこむ。エンジンがうなり、加速で背中がシートに押し付けられる。
風と小雨が顔にあたる。ヘルメットのバイザーを閉めることも忘れていた。少しアクセルを緩め、コースの向こうに連なる富士山麓のうねと、遠くの青空を見る余裕ができた。
しかし直ぐにコーナーが迫ってくる。減速が遅れてふくらんだ。コースアウトして速度が落ち、2速に入れてアクセルを踏む。また気持ちよく加速する。私はバイザーを手で弾いて閉め、ヘルメットの中で叫んだ。

「たーのしーーーい!」

10分間の走行で、一旦チェッカーフラッグが振られる。
マシンを降りた私と友人Kと友人M、三人とも満面の笑み。ニヤニヤしすぎて気持ち悪い。
「めちゃくちゃ楽しいです」
とのりもの塾の皆様に言うと笑っていた、「人生観変わった、って人もいるよ」。
いつの間にか雨もあがっていた。

morimono005
morimono003

ライト・フォーミュラのエンジンは660cc、軽自動車(ワゴンR)のノーマルエンジンで、ミッションもノーマルの5速。
タイヤも市販車についてるラジアルタイヤだ。それ以外のシャシー、足回りなどは全部榎本さんがオリジナルで作っている。
確かにフォーミュラの形をしてるけどエンジンも車体も小さい。
エンジニアの人は「オモチャみたいなものだから気軽に乗りなよ」と言ってくれたが、これがオモチャとはとんでもない。
いや、そもそも車とは大人のオモチャなのだ。だとしたらこれは最高のオモチャの一つと言えるかもしれない。
F1マシンや市販のフェラーリなんかはオモチャとしては高過ぎるが、このライト・フォーミュラはもっと一般に人にレーシングカーの楽しみを伝えたいというコンセプトで作られている。
開発費は当然それなりにかかっているが、製造コストは出来るだけ抑えてあり、今後本格的に売り出すにしても、他のレーシングカーよりは格安になるだろうと、榎本さんは話していた。
そしてありがたいのはメンテナンスが楽ということだ。エンジン、ミッション、タイヤを市販ノーマルを使うことにより、一日中ほぼメンテナンス無しで走ることが出来る。
小さな車体にも理由がある。マシンをそのまま軽トラやバンに積めるのだ。これでサーキットまでの運搬が一般の人でも随分楽になる。
なるほど、確かにしっかりとコンセプトがあって作っているというのが納得できる。
ライト・フォーミュラは始まったばかりで、榎本さんは今後の展開、展望もお話してくれたが、どこまで書いていいのか分からないので割愛する。
とにかく「のりもの塾」の名の通り、乗り物を運転することは楽しい、ということが存分に味わえるマシンなのだ。
レーシングガレージENOMOTOはFJ(フォーミュラのレースの一番下のカテゴリー)のレースにも参加しているのだが、FJのドライバーもライト・フォーミュラのマシンに乗って感覚を確かめることがよくあるという。
シンプルな構造のライト・フォーミュラは、車というものを理解し、基礎テクニックを磨くにはちょうど良いのだという。
morimono002

今日は我ら5人の他に3名いたのだが、キャンセルになったということでほぼ貸切。
普段は3台のマシンを9人くらいでシェアし、10分間ずつ、交代しながら走るのだが、5人なので一人は2回連続で乗れる。
「では、」と私は早速2回目のドライブ。
「張り切ってるねぇ。今は元気だけど、午後になって勘弁してくれと言いなさんな」 と塾の人が笑う。
「余裕っす。ずっと乗ってたいくらいです」と我ら。

どうやら雨はこのまま降らなさそうだ。良かった。
座学を交えつつ、各人3セットづつ走り、オーバルのコースで感覚を探る。
だがまだまだどこまでアクセルを踏んでいいか分からない。
おっと、コーナー出口でI君がスピン! エンジンストップしてしまう。
「スピンすると限界の感じがつかめる」という塾の人のコメントを聞きつつ、「そうか、怖がらずにスピンすればいいのか」と内心思う。私はビビッていたのか? 真っ先にスピンをかましたI君に軽い敗北感を覚える。
次の周回、私もスピン。満足した。

オーバルからスラローム(蛇行)へコースを変える。
リズミカルに左右にハンドルを切る。左右に激しくGがかかり体への負担も大きくなる。
スラロームの10分間を走り終えると、言われていたことが分かった。確かにこれは体にくる。すでに肩や首がはっていた。
「これくらいじゃ、まだ0.5Gもかかかってないよ」
0.5Gというのは、自分の体重の二分の一の重さがかかっているということ。私なら30kgの負荷がかかっているわけだ。
3~5Gに耐えてるF1ドライバーってどうなってんだ?

昼休み。お弁当がでる。うれしい。
食後は休憩しつつ小倉さんのF1こぼれ話を聞く。はっきり言ってこれは贅沢すぎる。

午後はまず、スラロームコースの逆回転から。
体が意外に疲れていることに気付く。
5人のうち2人、今回この企画を紹介してくれた放送作家O氏とI君は、仕事のため午後は欠席。メンバーは私と友人K、友人Mの3人になる。マシン乗り放題だ。
15分間の連続走行。いくらでも走っていたい、といったが、このスラロームの15分が初心者には長かった。
スラロームはコーナーの連続だ。とにかくハンドル、アクセル操作が忙しい。そして左右に振られるG、徐々に集中力が散漫になり、ふくらんだり、スピンしたり。
走行が終わると汗だくになっていた。車を止めた瞬間、ヘルメットの内側が熱気で曇るほどだ。
モータースポーツがスポーツであることを思い知らされる。本当に汗だく。Gにさらされ続けるドライブは全身運動なのだ。マシンから出る体が重い。競泳した後、プールからはい上がる力が出ない時のように感じた。

そしてここで、まさかのリタイアが。
もともと体調不良だった友人Kの体力が尽きる。
「走りたい、走りたいのだが・・・」
友人Kはディレクターズチェアに深々と沈んだ。
「休憩しながらいきましょう」と塾の皆様。
確かに連続走行はきつい。「元気なのは午前中だけだよ」なんて言われたが、本当だった。
それでも走りたい気持ちが萎えることはなかった。
「疲れるのは力んでる証拠。もっとリラックスして」

3台のマシンはそれぞれ特徴が違った。
「それが分かるってことは慣れてきたね」
友人Mとマシンを交代しながら乗る。私のお気に入りは3号機だ。
コースはひょうたん型に変更。
morimono004
norimono007


友人Mとひたすら走り込む。バックミラーに彼の車が見えると、レースしているわけでもないのに焦る。
また彼の車の直ぐ後ろに付くと、それはそれで怖い。オーバーテイク(追い抜き)してみたいが、ぶつかりそうで出来ない。
この何倍ものスピードでそれをしているレーサーというのは本当にすごい。それが分かる。これを自分で運転すると、モータースポーツの見方、楽しみ方も変わるだろう、と友人らと話した。
ひょうたん型のコースを走り込むも、自分のドライブに確信がもてない。いろいろ試してみるがしっくりこない。
F1を観ていると、0コンマ秒単位の誤差でラップを刻むが、まず同じように周回を重ねられないのだ。
マシンには慣れた。しかしどうやったら速く走れるかが分からない。
考えるんだ。漫然と周回を重ねても意味はない。

休憩していると、のりもの塾の人が走り出した。一番若い子で、彼はレースをしているに違いない。我らとは明らかに走り方が違う。
私はじっと彼の走りを見ていると、塾の方が解説してくれる。
「コーナーではアクセル開いてタイヤに動力を伝えてたほうがすべらない」
「なるほど・・・」
「アクセル踏んで曲がるんだ、ステアリングは補助にすぎない」
「むぅ・・・」
減速するポイント、アクセルを踏むポイントなど、私は彼の走りを見て研究した。
ブレずに同じようにサクサク周回を重ねる彼を見て、イメージトレーニング。

走る。
タイトに、ラインをイメージして。私は集中した。
周回ごとにアクセルを踏み込むタイミングを調整する。だんだんとイメージに近付いてきた。マシン操作にリズムが出てくる。リズムに乗ると、自然と体の力みも抜ける。力の入れどころ、抜きどころが分かる。Gに逆らわず、マシンと一体になると、曲がりくねった一本の川の流れに乗ったように、すいすいと進む感じがする。
今まで出来なかった、規則正しい周回が出来るようになってきた。1周があっという間に終わる。集中しているせいか、それとも速くなったのか、分からない。ただ今までとは違う快感がある。
スポーツ、料理、創作、ゲーム、どんなものでも、手や体を使って技術を高めていく作業には、「コツ」が分かる瞬間がある。
対象と身体が会話して、理解する。これがなんとも楽しい。
出来なかったことが出来る、上手くなったという実感、それによって見えてくる新しい景色、可能性。
コーナーでキュキュキュキュと鳴き出したタイヤにパワーを乗せ、グイグイと地面を蹴って力強く次のコーナーに入っていく。
本日二回目の
「たーのしーーーい!」

ガンダムのセリフでいうなら「見える! 私にも敵が見えるぞ!」という状態だ。
私はますますスピードにのって、そして調子にのって、スピン。

マシンから降りると、塾の人から「朝に比べてすごく速くなったね」と言われた。
うれしいなぁ。わーわー。

塾も終わりに近付いてきた。私と友人Mは、車の中で横になっていた友人Kに、「最後に乗っておけ」と勧める。
まだ体調の悪そうな友人Kは、のそのそと2号機に乗り込み、走りだす。
私は3号機で走りながら彼を見守る。
・・・つもりだったが、容赦なくオーバーテイク! 二回も周回遅れにしてやった。
大人げ無い? ふん、勝負の世界は厳しいのだ。

というわけで「ライト・フォーミュラ入門塾」終了。
榎本さんから参加証明書証を授与される。
「ありがとうございました!」
morimono006

普段ほとんど車に乗らない私のような観るだけモータースポーツファンでも、すごく楽しめる企画だった。
もちろんモータスポーツに興味がなくても絶対に楽しめるし、運転は本当に簡単。
一度乗ったら「のりもの」っておもしれぇ~ってなるでしょう。
詳細は★こちら★

んで、翌日は首、肩、腕が筋肉痛。
レーサーって本当、アスリートなのね、と実感します。







日記    Comment(1)   TrackBack(0)   Top↑

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。