作家、演出家、前川知大の鈍ら(ナマクラ)な日々。時々切れ味の良い日も。かなり不定期更新。
日記 | ニュース | 演劇関係 | 宣伝・告知 | 趣味 | 未分類 | 
前川知大仕事状況
sanpobook01.jpg
[小説] 「散歩する侵略者」 メディアファクトリーより発売中 [連載] ■週刊モーニング(不定期連載) 「リヴィングストン」 漫画:片岡人生 原作:前川知大
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
鈍ラ・エクスペリエンス
≪2017.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.07≫
プロフィール

前川知大          (まえかわともひろ)

  • Author:前川知大          (まえかわともひろ)
  • 海の生き物とキノコと豆、乾物が好きです。F1と料理が好きです。UMAや地獄の関係者も好きです。漬物だけは勘弁してください。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2007.06.03 Sun
日曜の朝
kitaro.jpg

日曜の朝は伝統的にアニメと特撮モノが盛んです。
朝食をすまし、久しぶりに今やってる番組をざっと観てみました。
仮面ライダー電王、天元突破グレンラガン、ゲゲゲの鬼太郎。
ライダーは響の途中から観てなかったのですが
電王は設定に色んなものがミックスされててなかなか面白いです。
グレンラガンはガイナックスが力入れてますね。
メカは好きになれませんがキャラは魅力的です。
まーどれも一回観ただけじゃ何とも言えないですね。
鬼太郎はアニメ第5期ですが、猫娘の変わりようにうろたえました。
クレジットも三番目になっててねずみ男よりポジション上げました。
明らかにかわいく描かれており、ついにヒロインの位置をゲットしたようです。
私が小学生の頃観ていた第3期は、
ユメコというオリジナルキャラがヒロインでした。
これは素材として猫娘にヒロインは無理、
という判断かと小学生ながら理解しました。
お前妖怪なんだから自分の身は自分で守れよ、
と人間のユメコばかり心配する鬼太郎に失望したものです。
今年始まったばかりの第5期のキャラは今風の絵柄にリファインされてるわけで、
それはかまわないのですが、猫娘の顔のかわいさとコスチュームの古さがミスマッチな気がするし、
鬼太郎との関係によこしまなものを想像して手放しに喜べないものがあります。
猫娘は人間界でバイトするほどの適応力をみせ、
今風の服も着るという設定になっているのもヒロインゆえでしょうか。
猫娘という名前は萌えキャラとしてはかなりのポテンシャルを持っていますが、
さすがに猫耳付けるほどの飛躍は原作ありきじゃ難しいのでしょう。
とにかく猫娘のキャラが立ってます。
脇を固めるレギュラー妖怪の子泣きじじいや砂かけばばあも健在でした。
ヒーローの仲間がジジイとババアってのがさすがに戦後って感じですね。
鬼太郎の後にワンピースをやってますが、
戦ったらワンピースのキャラが圧勝するのではと思いました。
同じ特殊能力系と言えますが、
砂をかけるとか、単に重くなるとか、リモコン下駄とか、
特殊能力としては地味と言わざるをえません。
設定は21世紀になってますが、そんな能力で現代を戦いきれるのか心配です。
まぁ死なないという最大の能力があるので良しとしますか。
水木しげる作品には思い入れがあるので言いたいことは山ほどありますが、
基本肯定です。
今期が過去作品のように長寿番組になるか見守りたいと思います。
妖怪たちの住処が妖怪横丁という名の集落として、
ほとんどテーマパークのような状態になってるのも新しく、
ポケモン?と思ってしまうデザインの妖怪もいます。
ところで実写版てどうなんですかね?


スポンサーサイト

日記    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://porkpie.blog10.fc2.com/tb.php/105-28fa50c4

Top↑

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。