作家、演出家、前川知大の鈍ら(ナマクラ)な日々。時々切れ味の良い日も。かなり不定期更新。
日記 | ニュース | 演劇関係 | 宣伝・告知 | 趣味 | 未分類 | 
前川知大仕事状況
sanpobook01.jpg
[小説] 「散歩する侵略者」 メディアファクトリーより発売中 [連載] ■週刊モーニング(不定期連載) 「リヴィングストン」 漫画:片岡人生 原作:前川知大
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
鈍ラ・エクスペリエンス
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
プロフィール

前川知大          (まえかわともひろ)

  • Author:前川知大          (まえかわともひろ)
  • 海の生き物とキノコと豆、乾物が好きです。F1と料理が好きです。UMAや地獄の関係者も好きです。漬物だけは勘弁してください。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2008.01.17 Thu
初詣
新年おめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

年末年始は締め切りの本があがらず、年越しどころではなかったが、
ジャニーズカウントダウンライブだけは見逃せず蕎麦をすすりながら観賞。
大丈夫、私は寂しくなんかない。

数日後、近所の花園神社に初詣する。
まずは家中にあるお守りや呪いの札などを集める。
呪術関係のグッズは一年で結構ふえる。
放っておくと部屋の隅で埃をかぶり、それらしい顔になってゆき危ない。
それらしい顔というのは、古くなって味がでて、
あたかも人の願いを受け止めてきたような、妙な箔のことである。
古い仏像の信仰焼けのようなものだ。捨てにくくなる。
初詣にはそれらをかき集め、まとめて神社の火にくべる。

グッズコーナーで今年のお守りやお札を買う。
去年部屋にあったお札と同じものでいいかなと思い手を伸ばす。
同じものは千円で、他には七百円、三百円のものがある。
ケチるわけではないが、効力に違いはあるのだろうか。
聞いてみる。
「これは値段によってパワーが上がるのですか?それとも属性が違うのでしょうか?」
三百円のは家庭円満。七百円のは商売繁盛。
「なるほど、じゃあこの千円のは?」
「国です。国家繁栄」
でかい。話がでかい。
そうだったのか。スケールの大きさに私はくらくらした。
自分は去年一年、国家の繁栄を願っていたのだ。銀行口座の残高に怯えながらも。
「えっと、国はいいよね」
「うん、とりあえず国はいいよ」
と連れと妙な会話をし、七百円のものを購入。

年末に雑誌の取材アンケートで、2008の抱負というのがあった。
私は箇条書きでいくつか公私の抱負を書いた。
その中の一つに、「国を立て直す」と書いたことを思い出す。
もちろん冗談のつもりだが、一年間国家繁栄のお札を祭ってきた影響かもしれない。
うっかり出馬しないように気をつけようと思う。



スポンサーサイト

日記    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://porkpie.blog10.fc2.com/tb.php/119-35fe8b1d

Top↑

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。