作家、演出家、前川知大の鈍ら(ナマクラ)な日々。時々切れ味の良い日も。かなり不定期更新。
日記 | ニュース | 演劇関係 | 宣伝・告知 | 趣味 | 未分類 | 
前川知大仕事状況
sanpobook01.jpg
[小説] 「散歩する侵略者」 メディアファクトリーより発売中 [連載] ■週刊モーニング(不定期連載) 「リヴィングストン」 漫画:片岡人生 原作:前川知大
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
鈍ラ・エクスペリエンス
≪2017.03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.05≫
プロフィール

前川知大          (まえかわともひろ)

  • Author:前川知大          (まえかわともひろ)
  • 海の生き物とキノコと豆、乾物が好きです。F1と料理が好きです。UMAや地獄の関係者も好きです。漬物だけは勘弁してください。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2009.02.22 Sun
さようならダニエル
実家が干しいもを送ってくれて、それが大変に美味しい。
買うと決して安いものではないので、ありがたいかぎりである。
いつもはスライスしたものだが、新モノ出るころには「丸」を送ってあげると以前言われた。
「丸」とは文字通りスライス前の丸いままの状態だという。丸鶏のマルと同じだ。
サツマイモの収穫後すぐに仕込み、新モノが出回るのはちょうど一月二月になる。
そして先月、大量の丸が我が家にやってきた。
いくらかは稽古場に持っていき、役者やスタッフに振舞う。好評だ。
それでもかなりの量があり、我が家の冷凍庫の半分を占拠してしまった。
丸はスライスに比べ当然ボリュームがあり、お茶請けにうかつにも数個食べようものなら、「これからお食事会だというのに、丸が、丸がまだ腹に、かなりの存在感だ!」という状態になってしまうのである。
学習すればよいのだが、美味しいのでついつい食べてしまうのだ。
「マル」と呼ぶことも気に入っている。

コレ↓が我が家のマルだ。先ほど冷凍庫をのぞいて見たが、まだまだ居る。あれ?増えてないか、と思うこともある。
maru.jpg


先日、我が家の小さな庭で家人が大声をあげた。
「庭にマルを打ち捨てたのは誰だ! 食べ物を粗末にする奴は呪われる!」
確かにそんな奴は呪われるべきだ、が私は身に覚えがない。
干しいもを更に干す、という実験を誰かがしているのだろうか。だとしたら人んちの庭でやらないでほしい。結果は気になるが自宅でやっていただきたい。
「どれ」
と私は庭に出てミイラ化したマルを調べてみる。
「ん?」
至近距離に寄る。
「我が家のマルにしては大きいようだが…」
→干しいもじゃなかった。

塀の影でよく見えなかったが、10センチほどのカエルだった。
次の日の燃えるゴミで出そうと思い庭に投げていたバックパックをベッドにして、冬眠明けの二度寝をかましているヒキガエルであった。

ヒキガエルは二月ごろ、春の季語でもある。冬眠から出てきたヒキガエルは食事も取らずに生まれた池に戻り、つがう相手を求めて鳴きはじめる。夏のイメージもあるかと思うが、あっちは雨蛙。
春の訪れを告げる使者が我が家の庭に現れたのは、なんとも風情があり気分が良い。
うつらうつらしてるヒキガエルを指でグリグリしてみると、ひんやりして気持ちいい。だがヒキガエルは鼓膜から毒液を出すので注意が必要だ。毒液を出すまで追い詰めてはいけない。無理やり起こされたら私だって毒液でも吐きたくなる。気持ちは分かる。
でも二度寝はよくないんじゃないか。ダニエルには行くところがあるんだろう?
ダニエルとはそのヒキガエルの名前である。私がすぐに付けた。名前を付けると急に愛着が湧いてくるから不思議である。私は名前を付けるのが好きだ。
さてどうしたものか。
調べてみると、ヒキガエルは夜行性ということだ。ということは昨晩我が家の庭までやってきて休憩し、今晩また旅立つということだろうか。なるほど、ここは旅の宿というわけか。ゆっくり休むがよい。
太陽が高くなり、ダニエルに直射日光が注ぐ。ダニエルは真夏の海岸でうたた寝から覚めたように、「あっつ、日焼けするわマジで」という顔でのそのそと動きだし日陰に移動した。
ふむ。
私は客人をもてなすため、2ℓのペットボトルを半分にカットし、古新聞を巻き、中には千切った新聞を敷き、ダニエル用の仮設ベッドを製造した。

私はダニエルを持ち上げ、ベッドに誘導する。まったく抵抗する気配はない。私のことを信用しきっているように思える。かわいい奴だ。
しばらくしてベッドを見ると、ダニエルは自ら奥深くに入り、気持ち良さげに惰眠を貪っている。
ほう。ベッドが気入ったようだな。私が作ったベッドを気に入ってくれ、私はすっかりダニエルが好きになってしまった。
いや、あまり感情移入しては駄目だな。奴は旅の途中、一期一会だ。今夜キミは旅立つ、分かっている、受け入れなくてはならない。このもてなしに見返りを求めては駄目なのだ。ウチのペットになってくれ、と引き止めたとしても、彼は毒液で応えるだけだろう。分かっている。
毒液はかぶれる。

日も暮れた18時半、ベッドの中をのぞいてみる。まだ寝ている。夜行性っていうけど、何時ごろから活動するんだろう。夜行性の連中にとって、18時半はまだ早朝みたいなものなのだろうか。まぁでも、チェックアウトは23時頃がいいだろう。あまり早いと、小学生の純粋無垢な暴力にさらされる可能性もあるし、車にペシャンコにされることも考えられる。
ずっと見ていると出て行きづらいだろうし、別れも辛くなる。もう見るのはやめよう。
「ずっとここに居ても、いいんだぜ」
と言ってみる。無駄なことだ。ダニエルは人語を解さない。

果たして翌朝、ダニエルは旅立っていた。
私は起きてすぐダニエルのベッドを確認した。いない。
私は千切った新聞紙をガサガサとまさぐる。いない。
私は新聞紙をぐっと握りしめ、ダニエルに思いをはせる。新聞紙はところどころニチャニチャした粘液が付着しており、私はすぐに石鹸で手を洗った。唾液か糞尿か毒液か、分からない。ダニエルは好きだが、別問題だ。
ダニエルはどこまで進んだだろう。この辺に池などあるのだろうか。

仮設ベッドは、その日のうちに家人によって容赦なく撤去されていた。悲しくなった。

私は家人と干しいものマルをオーブントースターで焼き、ほうじ茶を入れていただく。
「見なよ。マルは焼くと所々色が変わって、ますますダニエルにそっくりじゃないか。これからマルのことをダニエルと呼ぶことにしないか」
と私が提案すると、家人は干しいもをほお張りながら、
「ぜったいイヤ」
と目も合わせずに答えた。
「…そうか。ま、そうだよな、正直、グロいからな」
と言ったあと、そのグロいという言葉を使ったことにひどく罪悪感を感じ、心の中でダニエルに謝った。

今も我が家の冷凍庫の中には、ダニエルとその思い出が凍りついている。


↓、ダニエル
daniel.jpg








スポンサーサイト

日記    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
Posted by ももんち
名前を付けると愛着がわく・・・わかります。
でも、去って行ってしまうんですよね。むこうの都合で・・・。
 先日、『関数ドミノ』拝見しました。
あまりに面白かったので、また明日、観に行くことにしました。
また、あの世界に入れるかと思うと、すごく楽しみです!
そして、明日は『奇ッ怪』の発売日ですね。
チケット取って、観に行きます!
わたしの、好きな役者さんしか出てないですよ。

2009.05.22 Fri 14:39 URL [ Edit ]
はじめまして。 Posted by あお
先日、NHKの芸術劇場(?)みたいな番組で初めて作品を拝見し、どうも気になって検索させて頂きましてココに辿り着きました、三十路3歩前のあおと申します。

こちらは僻地なので、残念ながら公演を直に拝見する事はできないのですが、その代償行為として、たまにこの場所にひっそりとお邪魔させて頂きますね。…いや、凄く読み応えのあるものなので、代償と言うと語弊がありますね(汗 失礼しました。。

…ではでは、地方から応援してます◎
失礼致しました。
2009.05.28 Thu 10:48 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://porkpie.blog10.fc2.com/tb.php/130-4a3fe423

Top↑

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。