作家、演出家、前川知大の鈍ら(ナマクラ)な日々。時々切れ味の良い日も。かなり不定期更新。
日記 | ニュース | 演劇関係 | 宣伝・告知 | 趣味 | 未分類 | 
前川知大仕事状況
sanpobook01.jpg
[小説] 「散歩する侵略者」 メディアファクトリーより発売中 [連載] ■週刊モーニング(不定期連載) 「リヴィングストン」 漫画:片岡人生 原作:前川知大
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
鈍ラ・エクスペリエンス
≪2017.03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.05≫
プロフィール

前川知大          (まえかわともひろ)

  • Author:前川知大          (まえかわともひろ)
  • 海の生き物とキノコと豆、乾物が好きです。F1と料理が好きです。UMAや地獄の関係者も好きです。漬物だけは勘弁してください。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2011.12.08 Thu
当たった。
アエラ・スポーツのランニング特集号の懸賞に応募したら、ランニングシューズが当たった。
図書館的人生vol.3の一編に懸賞のみで生活する女の話を書いてるくせに、懸賞に当たったことはほぼ無かったので、いきなり届いた小包に小躍りする。うーれしーい。

アディダスのAdizero Boston 2 PK Berlin
adizero


早速履いて走ってみる。クッション性が高く、足首をホールドする感じもあり、非常に安定感がある。膝を痛めていた私にはうってつけのシロモノであった。接地感を味わい、シューズを楽しんだ。リズムに乗って思わずペースが上がってしまう。回復過程にある膝をいたわり、ペースを落とした。
どんな靴でも走ることはできるが、いい道具が手に入るとモチベーションが上がる。新しいウェアや、手袋一つ新調しただけで、その日走ることが楽しくなるものだ。
形から入ることは悪いことじゃない。むしろいきなり物事の本質など分かるはずもないのだから、形から入るしかない。そして結局それが一番、理解への近道だったりする。
道具の機能を通して、ランニングと身体への理解を深めるのである。
……まぁ、そのように理屈をこねてはネットをうろつき、新しいウェアなどを注文してしまう。
毎月何かしら届くランニンググッズを、訝しげに見ながら家人が言う。

「体を鍛えるのに、ランニングが最も金がかからない、と言っていたが、どういうことなんだ?」

そのような批判にさらされていた私は、これなら文句あるまいと、送られてきたシューズを誇らしげに家人に見せつけた。
「懸賞で当たったんだぜ!Ho!」 

すると意外な言葉が返ってきた。
「なぜそのような、小学生みたいな嘘をつく?」
「え、いや、ホントに当たったんだよ」
「ほぉいい靴だな、いくらしたんだ?」

本当なんだ。



スポンサーサイト

日記    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://porkpie.blog10.fc2.com/tb.php/164-ec5c9821

Top↑

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。