作家、演出家、前川知大の鈍ら(ナマクラ)な日々。時々切れ味の良い日も。かなり不定期更新。
日記 | ニュース | 演劇関係 | 宣伝・告知 | 趣味 | 未分類 | 
前川知大仕事状況
sanpobook01.jpg
[小説] 「散歩する侵略者」 メディアファクトリーより発売中 [連載] ■週刊モーニング(不定期連載) 「リヴィングストン」 漫画:片岡人生 原作:前川知大
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
鈍ラ・エクスペリエンス
≪2017.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.07≫
プロフィール

前川知大          (まえかわともひろ)

  • Author:前川知大          (まえかわともひろ)
  • 海の生き物とキノコと豆、乾物が好きです。F1と料理が好きです。UMAや地獄の関係者も好きです。漬物だけは勘弁してください。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2012.09.24 Mon
北九州出張。
ktko1.jpg
「まとめ*図書館的人生」のキャンペーンで北九州は小倉に着陸。
タイミングよく「劇トツ」というイベントがあったので、前乗りして観劇することにした。

「劇トツ」は北九州芸術劇場が企画したイベントで、九州の劇団が集まり短編作品を競うもの。
条件は上演時間20分・俳優3人、素舞台。九州全土から5劇団が選ばれた。

九州の劇団を観るのは初めて。でも最近九州の演劇シーンが面白いとは聞いていた。
演劇誌の記事でも、新しい劇団がどんどん出てきてるとか、あまり東京を意識せず九州に根ざした活動をしているとか、なにかと興味深いのだ。(日本の演劇は東京に異常なほど集中してるのです)

↓上演順に参加劇団を。結果的に年齢順になったらしい。
劇団ブルーエゴナク(北九州)
非・売れ線系ビーナス(福岡)
劇団ぎゃ。(福岡)
ゼロソー(熊本)
F's Company(長崎)

で、観た。
5団体、作風がかぶることもなく、硬軟と上演順のメリハリも効いており一本のオムニバスとしてまとまっていた。
二時間あっという間。面白かった。
どれも面白かったが、これには審査がある。投票しなくてはならない。観客一人2票、審査員二名が各25票。
審査員は佃典彦さんと、池田美樹さん。お二人が講評している間に集計が進む。

ちなみに優勝団体は「劇王」という短編演劇の全国大会に九州代表として参戦することになる。
佃典彦さんはその「劇王」の発起人なのだ。

九州のベテラン劇団「飛ぶ劇場」の代表でもある司会の泊さんが「劇王は審査が厳しくて講評もボロクソ言われるから覚悟してください」と佃さんにふると、
「いや、べつに、なんか、ボロクソ言う感じじゃないんだけど・・・」
つまり普通に面白かったってことなんだね、やっぱ。

たまたま居ただけの私は特別ゲストとして紹介され、ちゃっかり宣伝までさせていただきました。
一度に九州の劇団を五つも観れたのはラッキーだった。
九州の演劇、懐深いわ。
優勝はF's Company(長崎)
ktk02.jpg
おめでとうございます。

北九州は確か4回目くらいだが、「資さんうどん」を食べたことないと言ったら「馬鹿か?」と言われた。
地元のソウルフード、資さんうどん。
メニューの多さに興奮してパニクって、過呼吸気味になってやばかった。
こういう時は一番人気だ。
肉うどんゴボ天のせ。
ktk03.jpg
ああ〜、はい。素晴らしいわ。




スポンサーサイト

日記    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://porkpie.blog10.fc2.com/tb.php/171-4c95ac89

Top↑

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。