作家、演出家、前川知大の鈍ら(ナマクラ)な日々。時々切れ味の良い日も。かなり不定期更新。
日記 | ニュース | 演劇関係 | 宣伝・告知 | 趣味 | 未分類 | 
前川知大仕事状況
sanpobook01.jpg
[小説] 「散歩する侵略者」 メディアファクトリーより発売中 [連載] ■週刊モーニング(不定期連載) 「リヴィングストン」 漫画:片岡人生 原作:前川知大
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
鈍ラ・エクスペリエンス
≪2017.03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.05≫
プロフィール

前川知大          (まえかわともひろ)

  • Author:前川知大          (まえかわともひろ)
  • 海の生き物とキノコと豆、乾物が好きです。F1と料理が好きです。UMAや地獄の関係者も好きです。漬物だけは勘弁してください。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2006.12.03 Sun
実家へ帰ります。
hahaha.jpg

先週からテーブルの上に鎮座している巨大な冬キャベツを
どうしてやろうかと、ぼんやりと見つめながら朝食を取る日が続いた。
自分で買った覚えは無い。同居人の無言の挑戦だろうか。
昨日、朝食の準備をしていると半年ほど前に封を開けた小麦粉を見つけた。

私はお好み焼きに対する評価が低い。
評価すべき点があるとすれば、完全食たりえるということだろうか。
野菜、たんぱく質、炭水化物が一度に取れる。
そして確かに美味い。美味いのだが、
しょせんはB級グルメという印象が強い。
だって、だって決定的に味を決めるのがソースとマヨネーズじゃないか。
あんなファシストみたいな調味料に表面を焼け野原にされた料理なんて。

違うな。お好み焼きに罪はないし、美味しいのは確かだ。
私のお好み焼きに対する評価を下げているのは、
B級でかまわない料理をあたかもA級のように喧伝する輩だ。
B級映画マニアはその楽しみ方を分かっていて傍から見てすがすがしくもあるが、
B級グルメマニアは時にその場違いな熱意で、料理そのものをなんというか「面倒臭く」する。

お好み焼きやラーメンや牛丼やハンバーガーでごちゃごちゃ言うなよ面倒臭ぇな。

焼き方ミスったくらいで激怒するのやめてくださいよ、先輩。
それとモンジャ食べたこと無い人を差別的な目で見たりするのもやめましょうよ。
一方モンジャの土手作ったくらいで賞賛の声とかも勘弁してほしいっす。
あと寿司屋に行ったらまず白身からみたいなノリで(知らんけど)、
焼肉屋でまず牛タンをレモンで食うのがパブロフ状態の人っていったいなんですか?
あれは後半戦に食したら処刑でもされるんですか。
くそったれ。

話を戻す。
豚肉と卵、ネギ、鰹節、青海苔もそろっていたのでお好み焼きを作ることにした。
紅しょうがが無かったけど、まぁいいだろ。
一応グラム量りながら作ったんだけど、直径25cm、厚さ2cmのフリスビーみたいなお好み焼きが完成。
何とか完食。


4時間後、腹を下す。
5時間後、頭痛と嘔吐感。
6時間後、上記3種の波状攻撃プラス発熱38℃。

なにがいけなかったんだろう。
小麦粉だろうか。
食中毒かと思ったが、徐々に風邪のような症状になった。
全身の関節痛と悪寒。
この一年ほとんど風邪もひかなかったので驚いた。
断続的に襲ってくる腹痛で仕事はストップ。
ベッドで横になってやり過ごす。
少し落ち着いたのでにゅう麺を食べ、風邪薬を飲んで眠りについた。

今朝起きると、熱は引いてた。回復しているようだ。体は相変わらず重かったけど、食欲があったし何より水分を欲していた。
昨日のはいったい何だったのだろうと思っていると、実家の母から電話があった。
本日未明、婆ちゃんが死んだ。



スポンサーサイト

日記    Comment(3)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
お悔やみ Posted by 2D
竹刀、差別発言、炊飯事件…
数々の強烈な逸話を伺っていますが、
きっと、それ以上にたくさんのよき思い出が
君の心に残っていることでしょう。

桜桃について嬉々としてそのおいしさを語ってくれた笑顔を
僕は忘れることができません。

おばあちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
2006.12.04 Mon 16:56 URL [ Edit ]
Posted by 平
一度お会いしただけですが、お婆さまのパワフルな朗らかさにみちた暖かいおもてなしが昨日のことのように思い返されます。

安らかなご冥福を。
帰省、体には気をつけてください。



2006.12.05 Tue 14:20 URL [ Edit ]
Posted by maekawa
2Dさん、平さん
ありがとうございます。
後一週間で92歳でしたが大往生でしょう。
お通夜では親族から更にハードな逸話が微笑ましく語られました。
2006.12.06 Wed 12:46 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://porkpie.blog10.fc2.com/tb.php/91-5394934b

Top↑

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。